第191回海洋フォーラム「スターツロード・レムクル号アジア初寄港と『国連海洋科学の10年』―海洋科学の偏在を解消するために私たちがすべきこと―」(2022年9月14日)

国連は、2021-2030年を持続可能な開発のための「国連海洋科学の10年」と定めています。ノルウェーの大型帆船スターツロード・レムクル号は、この取り組みを支援するため、2021年8月にノルウェーを出発し、19か月かけて世界を一周する「One Ocean Expedition」を実施中です。今年9月12日には、アジア初の寄港となる横浜への到着を予定しています。

今回の海洋フォーラムでは「国連海洋科学の10年」を提案し、推進するUNESCO-IOCのウラジミール・リャビニン事務局長や、フランスの海洋科学、海洋政策を主導するIFREMERのフランソワ・ウリエ総裁をはじめ、海洋科学に関わる皆様にご参加いただき、「国連海洋科学の10年」の加速に向けた期待や課題を議論しました。

講演資料はこちら
→ 

これまでの海洋フォーラムはこちら
→ 

The English version of this event is available here
→ 

#海洋フォーラム #海洋政策研究所 #国連海洋科学の10年 #海洋科学 #OneOceanExpedition #笹川平和財団

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。