【09.17役情最前線】💥米最新「台湾法案」に 中共苛立っても無策💥なぜか プーチンも「台湾」に言及 習は?💥人民元1ドルさらに急落 中共首相一変

今の時代は 真実と正義をより必要としています
香港は中国共産党に抑圧されながらも その専制体制に絶えず抵抗してきました

当チャンネルの柱番組「役情最前線」は 広東語で「戦役における最前線の情報」を意味します

国際社会の“虎の口”である香港から 日本の皆様にいち早くお届けします

🍀皆様には「Super Thanks」機能よりご寄付頂けると幸いです
我々の今後の動画作成のため、またまたさらなる飛躍のため、ご支援のほどよろしくお願いいたします 🙏

🌈逆境の中活動を続ける香港記者を追ったドキュメンタリー作品『風の上を歩いて』
前編はこちら👉
後編はこちら👉

🔵私たちへご支援下さい🔵
✅🔔チャンネル登録をお願いします → 🔔
✅ 👍高評価、コメント、共有をお願いします。 👍
✅当チャンネルへの寄付:
✅中国共産党を非難する請願書に署名:

🔵おすすめ
🌟役情最前線:
🌟財商天下:
🌟冗談じゃないよ:
🌟国際ニュース:
🌟中国ニュース:
🌟法輪功:
🌟香港ニュース:

✨ツイッター 
✨フェイスブック 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
#ニュース最前線 #役情最前線 #紀元ヘッドライン #財商天下 #時事軍事

9 件のコメント

  • このままいくと、宗教、民族、人種、イデオロギー間紛争まで起きて、収拾がつかなくなるような気配がする。
    多様性とグローバル化が悪の権化。摩擦が起きないわけがない。

  • でも台湾人の半分は親中だからね。それは忘れないほうがいい。米国の兵器技術、日本の協力内容、すべて、次の政権が親中政権になれば、駄々洩れ。親日が大半だけど反日もいるし、とにかく、政権交代できるほどの数が親中でいるということ。蔡英文総統の前は親中政権。その前は親日政権。今は親米親日政権。次も親米親日政権になるとは限らない。親中派議員たちが最近、訪中して「互いに緊密に連携していく」ということで中共と合意している。2024年、台湾総統選挙まで、中共は台湾に手は出さない。台湾総統選挙で中国が介入して戦闘もせずに、台湾は親中政権が誕生すると思ってます。必ず選挙は介入する。そして、中国人は、同胞に手を下すぐらいなら異民族に手を下す。沖縄、つまり日本人を痛めつけて台湾への見せしめにするでしょう。今の台湾人は外省人が多いし。

  • ロシアが戦後補償に応じる手段は、領土割譲しか無いだろうね。紙クズ同然のルーブル紙幣でなんて、幾ら支払われても何の価値もないのだから…地下資源ごと土地を切り売りするしかないのだ。

  • この時期に人民元安はデメリットこそあれメリット(輸出にとっては人民元安が有利)は無いと思います。
    中国の輸出は最近苦戦していますね。それで通貨安になると輸入物価が高くなってしまい、中国国内のインフレが
    ひどくなりますね。物価上昇、とりわけ食料品価格がさらに高騰し、一般の大衆中国人は困ることになります。
    あと外資系企業勢にとっても人民元安が進むと中国に投資する意味が無くなってしまいます。たとえ従前と同じ量の
    商品・製品を販売できたとしてもドルベースでみた場合、売上高が減ってしまうからですね。中国経済は今後さらに
    厳しくなりますね。

  • 無償援助に台湾をMNNAと同格とする、正に「実質的な内容は保留」されている。
    言葉は押さえても この様な法案をしっかり出せるアメリカがとても羨ましく思うよ。
    ※MNNA諸国は自動的にアメリカ合衆国の集団防衛の対象となる。

  • ドル高は戦争の準備かな。そうなると、この動きに円安が組み込まれているのは当然かもしれない。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。