【速報】円安止まらず 一時1ドル=141円台つける 24年ぶり円安水準を更新|TBS NEWS DIG

円安が止まりません。東京外国為替市場では、きょう(6日)午後3時前に円相場が一時1ドル=141円台まで下落しました。1998年8月以来、24年ぶりの円安水準です。

直接のきっかけは、オーストラリアの中央銀行が政策金利を通常の2倍となる0.5%引き上げることを決めたことです。

今週は、カナダやヨーロッパの中央銀行でも政策金利の大幅な引き上げが予想されていて、対照的に金融緩和を維持しようとする日本銀行との政策の差が改めて意識され、円を売る圧力が強まったとの見方が出ています。

また、市場関係者は「最近の鈴木財務大臣の発言を見ても政府・日銀が為替介入など具体的な対応を要するほどの懸念を示していないことが円売りの材料となっている」と分析しています。

▼TBS NEWS DIG 公式サイト 

▼チャンネル登録をお願いします!

▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」

▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」

8 件のコメント

  • 150超えるようなら介入も視野に入れた方がいいのでは。
    あ、金利あげるのはなしですよ。

  • だめだなこの国も笑。政治家を語る無能な政治家、国内がこんなにボロボロなのに海外に金をばらまく阿呆仕様。まぁこの国も国として機能してねーし。給付金ですら市町村任せ支援金すら市町村任せ。専門主義の時代とかわんねーじゃんそんなのあほくさ

  • 電力会社は国営にすべき!これ以上電気料金上がれば熱中症で死ぬひとや凍死する人もでてくるかもしれない。

  • ショック療法で逆に良いじゃん、30年間90~120円位でやってて駄目だったんだし、この円安を生かしてまた産業育てて、イノベーション起こして、また世界に製品売っていけば良いんだよ

  • もうここまで来ると円安だとは思わないけど自信を持って円売りをすると痛い目に遭いそうだから慎重になった方がいいよ。
    政策金利を0.75%、0.5%を何度も上げるなんて過去にないからね。通常は0.25%で景気の様子を見ながら上げていくから。
    インフレ退治の為という緊急処置を忘れずに。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。