空間をピピッと読み取る! レーザーメジャー「MEAZOR 3D」

詳しい情報はこちら👉

「MEAZOR 3D」は空間を採寸できるレーザーを使ったアイテムだ。

現在クラウドファンディングサイトKickstarterにて、1,955香港ドル(約34,457円)から支援購入が可能。
なお、「MEAZOR 3D」は日本への配送に対応し、アプリは日本語もサポートしている。レーザー距離計だが、PSCマークの有無については確認できていない。従来モデル「MEAZOR」は、FCCロゴおよびCEマークについては記載があった。

部屋の採寸データを素早くキャプチャー

前モデル「MEAZOR」と比べ、さまざまなポイントが進化した。

「MEAZOR 3D」は部屋や空間の採寸ができるコンパクトなレーザーメジャー。数回のクリックで測定点を設定可能で、200データを内蔵できる。
本体のサイズは100 × 54 × 21mm、重さは 97g。充電は付属のUSB Type-Cケーブルで行い、1日6時間使用したとして約30日使える。

3Dディスプレイスメントモードは1回のスキャンで複数の部屋を自動でつなぎ合わせ、間取り全体を把握できる。
3Dチルトモードは物が置いてある部屋であっても空間の高さ・角度のデータを測定可能。

ポイントスキャナーは2D / 3Dフロアプランの実現、
レーザーメジャーは131ft / 40mの高精度レーザーでの測定、
カーブスキャナーは曲線のアウトラインをキャプチャー、
スケール / ローリングは4種類の内蔵モードと57個のスケールを搭載し、
正確な角度の位置を決める分度器、水平・垂直を見極める水準器も使用できる。

アプリ「MEAZOR」を使うと3Dビジュアルを自動寸法・空間計算してDXF、JPG、PDF形式で図面を書き出せる。

・ ・ ・

空間デザインの可能性が広がりそう。

bouncyの他の動画はこちら→

⇓bouncyのSNSアカウントはこちら⇓
YouTube:
Twitter:
Instagram:
Facebook:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。