香港金融管理局(HKMA、中央銀行に相当)は12日のアジア時間早朝、香港ドルの米ドルとのペッグ(連動)制を防衛するため、2019年以来となる香港ドル買い・米ドル売りの外国為替市場介入を実施した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。