タイ在住中に米国投資信託や米国ETFなど自分にあった投資方法について解説します。

タイ在住中に米国投資信託や米国ETFを投資する場合、自分にあった投資方法について解説しました。

タイの証券会社で購入したETFの売却益に対しての課税の見解はこちら

▶︎関連ブログ
タイ駐在・在住者が米国株に投資をする5つの方法

タイ在住中だからできる日本株への投資方法を解説!(フィリップ証券手数料)

海外居住者でもできるようになるiDeCoについて徹底解説!

▶︎目次
00:00 オープニング
00:54 タイ在住中にできる米国株への投資方法
01:41 特徴や注意点
13:07 タイ在住者が米国株へ投資をする場合どのような方法が良いのか?

▶︎おすすめ動画
・タイ駐在中に実践可能な4つの資産運用について解説します。

・海外居住者も出来るようになるiDeCoのメリットとデメリットを解説します。

・日本・米国株へ投資方法 シンガポールのフィリップ証券にインタビューをしました。

————————
【▼資産運用の個別相談について▼】

【▼LINE登録はこちら▼】


こちらのLINEアカウントからもタイ在住中の資産運用のご相談をお受けしています。

【▼Twitterはこちら▼】

————————

【グローバルサポートタイランドとは】
タイ居住の日本人の方に資産運用の個別相談と香港の貯蓄型生命保険のサポートをしています。
タイ居住中は日本の金融サービスの利用に制限がかかる為に日本居住者と比較しますとタイ居住中の資産運用は難しいと感じています。その中でタイ居住中だから出来るメリットもあります。弊社はタイ居住の日本人のお客様に対して資産運用のベストアドバイスを提供すると共に、コンプライアンスの徹底や高い倫理観に基づく企業活動の実践により、1人でも多くのお客様から信頼をいただき【生涯のベストパートナー】となるよう永続企業の構築に努めています。
————————
★出演者の経歴★
○久米 直也 Global Support (Thailand) 代表
名古屋市出身
郵政省・郵政公社(元日本郵政)にて12年、窓口業務と保険金支払を担当。郵政大臣表彰、国際優績表彰等を受賞。AIGエジソン生命在籍時は入社半年でMVP受賞、MDRT会員として3年間営業をした後2011年にGlobal Support (Thailand)に就任。真の経済教育の普及に邁進中。

#タイ米国株 #タイ資産運用 #タイ投資

1 個のコメント

  • いつも動画いただきありがとうございます!
    ご説明の中、タイ以外の銀行で売却資金を受け入れた場合、海外銀行口座のほうが良いという説明では、タイは売却益に課税しますか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です