南洋理工大学

南洋理工大学, by Wikipedia / CC BY SA 3.0

#翻訳中途_-_2019年4月
#シンガポールの大学
南洋理工大学(なんようりこうだいがく、英語:Nanyang Technological University、略記:NTU)は、1991年に設立されたシンガポールにある国立大学である。
QS世界大学ランキング2022年版では世界12位と評価され、シンガポール国立大学とともにシンガポールで双璧をなす名門大学であり、アジアNo. 1の工科大学として優秀な人材を輩出している。
約3万人の学生と約1万人の教職員を擁するNTUはシンガポールで2番目に大規模な大学である。
人文芸術社会科学部、工学部、理学部、ビジネススクール、医学部などで構成され、シンガポール国立教育研究所、ラジャラトナム国際学院、シンガポール地球観測所、シンガポール環境生命科学工学センター、アジア消費者インサイト研究所、そして近年創設された人文科学研究所など、複数の研究機関がある。
NTUのメインキャンパスの敷地面積は200ha(490エーカー)と広大であり、シンガポール最大のキャンパスである。
ナンヤンビジネススクール ナンヤンビジネススクール(南洋商学院、NBS)はシンガポール最大のビジネススクールで、常時約七千人の学部生・大学院生が所属する。
フィナンシャルタイムズによれば、シンガポールでは首位、アジア太平洋地域では第三位のビジネススクールである。
エントランス 学部では商学や会計学をはじめ、様々な二重学位プログラムが提供されており、3年半から4年程度でニつの学位を取得可能である。
修士課程でも、経営学、金融工学、マーケティングに加えて二重学位プログラムが提供されており、それぞれのコースに対し博士課程も設置されている。
さらに近年新たに導入された学士・修士の統合プログラムは4年で修了することができる。
授業風景 HASSは4つの学校で構成されている。
工学カレッジはNTU最大の学校である。
世界最大のエンジニアリングカレッジであると言われており、10,500人以上の学部生と3,500人の院生が所属している。
工学カレッジはテクノロジーとイノベーションに焦点を当てた6つの学校(化学と生物医学、土木と環境、コンピュータ科学と工学、電気電子、材料科学、機械と航空宇宙)で構成されている。
このカレッジでは広い学問領域に渡って豊富なコースが提供されている。
12の単一学位プログラムに加えて、シンガポールで唯一の航空宇宙工学プログラムや、ダブルディグリー、二重専攻および統合プログラムを提供している。
科学カレッジは3つの学部で構成され、約150人の教員(うち15人以上はシンガポール国立研究財団フェロー)、340人の研究スタッフ、110人のスタッフ、4,000人の学部生および750人の大学院生が所属している。
リーコンチェン医学部は2013年にインペリアル・カレッジ・ロンドンと共同で設立された。
2013年のオープンに先立ち、学校はリー財団からの1億5000万シンガポールドルを含む、4億シンガポールドルの記録的な寄付を受けている。
学校の主な臨床パートナーは、National Healthcare Groupである。
NTUの学際研究大学院(IGS)は、サステナビリティ社会の実現やピークオブエクセレンス、ニューメディア、未来のヘルスケアなどの主要な研究分野に焦点を当てており、これらの研究は従来の学校・学部の枠を超え様々な分野をまたがって行われている。
IGSは博士課程の学生が横断的に研究を行えるよう、NTU全体から教授を起用している。
NTUは自律的な研究教育機関を数多く運営している。
現在NTUには100を超える学生組織がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です