v0122 ノーベル化学賞

お早うございます。 listen2voa(日本語・英語リスニング教材サイト)です。

3日本人、アメリカ人科学者がリチュームイオン電池の仕事でノーベル化学賞を受賞
ストックホルム-水曜日に3人の科学者が、増大する携帯性と電子化の世界で、エネルギー貯蔵と改造車、携帯電話、および他の多くのデバイスを再構築してきたリチウムイオン電池の開発への貢献に対してノーベル化学賞を贈られました。

賞はテキサス大学のジョン・B・グッドイナフ、ニューヨーク州立大学ビンガムトン校のM.スタンリー・ウィッティンガム、そして日本の旭化成株式会社の旭化成名誉フェローで名城大学の吉野明の3氏に贈られました。。

スウェーデン王立科学アカデミーの事務局長であるゴラン・ハンソン氏は、この賞は「充電可能な世界」に関するものだと述べました。 委員会は声明の中で、リチウムイオン電池は「私たちの生活に革命をもたらした」と述べ、受賞者は「ワイヤレスで化石燃料のない社会の基盤を築いた」と述べた。

ノーベル委員会は、リチウムイオン電池は、1970年代にウィッティンガムが化石燃料フリーエネルギー技術に導くことを目的とした方法の開発に取り組んでいた石油危機にルーツがあると述べました。 賞品には、ストックホルムとノルウェーのオスロで、900万クローナ(918,000ドル)の現金賞、金メダル、授与証書が1896年のノーベルの亡くなった記念日である12月10日に授与されます。

ダイナマイトを発明したスウェーデンの実業家であるアルフレッドノーベル賞の創設者は、ストックホルムで物理学、化学、医学、文学賞を、オスロで平和賞を授与されることを決定しました。

火曜日、カナダ生まれのジェームズピーブルズは、太陽系の星を周回する系外惑星(太陽系外の惑星)を発見したことを称えられたスイスの科学者ミシェルマヨールとディディエケロズとともに、宇宙論の理論的発見で物理学賞を受賞しました。

アメリカ人のウィリアム・G・ケリン・ジュニアとグレッグ・L・セメンザ、イギリスのピーター・J・ラトクリフは、月曜日に生理学または医学の進歩でノーベル賞を受賞しました。彼らは、「細胞がどのように酸素の利用可能性を感知し、適応するか」という発見に言及しました。

スキャンダルがスウェーデンアカデミーを揺さぶった後、昨年の賞が中断されたため、2人の文学賞受賞者が木曜日に発表される予定です。切望されているノーベル平和賞は金曜日、経済学賞は月曜日です。

以上です。御利用頂きありがとうございます。こちらはlisten2voaでした。

English

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。