【経済の深層】世界経済総予測2022

経済から世界を見る、時代を体感する
週刊エコノミストとお届けします。

【特集】
世界経済総予測2022

【出演】
山田厚史、叶内文子、秋本裕子(週刊エコノミスト編集長)、大堀達也(週刊エコノミスト編集部)、藤枝克治(週刊エコノミスト編集部)

2021年12月24日収録

週刊エコノミスト Online
2021年12月28日・22年1月4日合併号 世界経済総予測2022

ご購読はこちらから
*lpp4sc*_ga*OTc1OTk2OTExLjE2MDA3NDUyMTQ.*_ga_TWF4RDH5YQ*MTYyNDk2MDcwMy41OS4xLjE2MjQ5NjA4MTUuNTQ.

【YouTubeチャンネルと併せて、こちらもぜひ登録/フォローお願いします】
Facebook:
twitter:
note:

7 件のコメント

  • デモクラシータイムス.さん。いつも動画を配信して下さって、ありがとうございます。
     昨年も「【経済の深層】世界経済総予測2022」と同じタイトルで動画を配信されましたが、同じ「2021年12月24日収録日」なのでしょうか?明らかに内容は違いますので、その日に2回、収録されたと言うことでしょうか?
     どうか、ご回答を下さると嬉しいです。宜しくお願い致します。

  • ESGだのSDGsだのといった名目での投資がでたらめだという金山氏の指摘は非常に面白くかつ全く正当。この動画で久しぶりに面白い回だと思えた。

  • 一段高いところに自国の眼力を据えて、俯瞰的に世界の動きを見る必要がありますね。その指標となるのは「数字」です。数字は嘘をつきません。変な対抗意識やイデオロギー、強国の誘導に安易に載ってはいけません。例え民主主義国であっても、歴史を顧みれば、3枚舌を使っても平気、どんな独裁国家でも自国のためになると思えば目をつぶる。これが現実。

  • 鳥の群れの下には、魚の群れがいる。オリンピック記録映画批判の近くには、共産党と半島人がいる。
    東京オリンピック公式記録映画。もっと騒がなきゃ。
    7月の参議院選前に、河瀬さんが何か賞を受賞するのを祈ろう。

  • 嘘出鱈目の腐敗政党自公に未だに期待してる能無しに未来予想なんてできるの?(大爆笑)

  • ダメでしょう、日本は。慶応大学の労働経済学者と称する教授が、「消費者が安い商品を求めすぎるから 物価が上がらず、労働者の賃金は上がらない」っての賜ってたよ(朝日新聞情報)。
    糞だね、不景気の責任は低賃金で働く労働者だって言いたいらしい。こんな大学の経済学教授がいる限り日本の經濟は崩壊の一途をたどるだろう。

  • 給与が上がらない?嘘でしよう、経済動き出したら人で足らないので上がるでしょう、その他聞いててここの人達分析下手だなあ〜

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です