FXテキスト動画【メキシコペソ/円】「インフレ動向&金融政策の両睨みで神経質な相場展開」注目の高金利通貨 12月8日号

注目の高金利通貨の足元の動向と今後の展望を解説します。

【メキシコペソ/円】
直近1週間のポイント
・オミクロン懸念が後退
☆中銀独立性への懸念が和らぐ
・原油高

「足元のメキシコペソ/円は約2週間ぶりに5.4円台を回復」
オミクロンショックで5.105円前後まで下落していたメキシコペソ/円は、その後じりじりと反発。
2日には5.3円台を回復しました。
次期メキシコ中銀総裁に指名されたロドリゲス氏は「中銀の独立性維持と物価安定保証の責務に取り組んでいく」と強調。
大統領による突然の総裁指名変更で揺らいでいた「中銀の独立性」に対する不信感が和らいだ格好です。
なお、この日ロドリゲス氏は上院の賛成多数で承認され、来年1月1日の総裁就任が正式に決まりました。
その後も、新型コロナ変異株「オミクロン」を巡る懸念が後退する中、ペソ相場は6日、7日と続伸。
NY原油先物(WTI)の大幅高もあって、11月24日以来の5.407円前後まで一時上昇しました。

「注目ポイントはインフレ率」
メキシコでは9日に11月消費者物価指数が発表されます。
市場予想は前年比+7.24%となっており、10月の+6.24%から伸びが加速する見込みです。
7%台に上昇が加速すれば2001年以来、20年ぶりとなります。
12月16日に予定されているメキシコ中銀金融政策決定会合での追加利上げ観測が高まるでしょう。
ただ、ディアスデレオン現総裁にとって最後となる12月会合では、大幅な利上げに踏み切るのは難しいかもしれません。
その意味では、物価上昇が加速しすぎると、政策金利からインフレ率を引いた「実質金利」のマイナス幅が大きくなるためペソ相場の逆風になり得ます。
新興国経済にとってインフレ高進は悩みの種でしょう。
メキシコペソもインフレ動向と中銀の金融政策の両睨みで神経質な相場展開となりそうです。

来週までのメキシコペソ/円の見通し
予想レンジ
5.275~5.525円
基調
不安定

来週までの注目ポイント
☆12/9 メキシコ11月消費者物価指数
・12/13 メキシコ11月正規雇用者数
・原油価格 主要国株価
——————
目次:
0:00 直近1週間のポイント
0:31 目先のメキシコペソ/円の注目ポイント
0:56 来週までのメキシコペソ/円の見通し
1:02 来週までの注目ポイント
——————-

★新規口座開設の申し込み手順
動画で流れをわかりやすく説明 + 静止画でひとつひとつ説明

★★★FX口座開設はこちらから★★★

📺「外為どっとコム 公式FX動画ch」
YouTubeチャンネル登録はこちら

🔰FXがはじめての方へ
FX投資の初心者でも大丈夫!FXの魅力や特徴をお伝えします!

📝マネ育チャンネル
FX情報がすべて集まるWebサイト

🌐外為どっとコム HP

📈開催予定のセミナー一覧

💬外為どっとコム SNS
Twitter→
Facebook→

——————-
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

#fx
#メキシコペソ
#高金利通貨
#為替
#MXNJPY
#投資
#メキシコ
#消費者物価指数
#外為どっとコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です