オーブン料理でおうち時間が充実!焦げにくく洗いやすい耐熱容器「Kichware」

詳しい情報はこちら👉

焼き菓子からパンやグラタンまで、さまざまな料理が簡単に作れるオーブンレンジ。もっと便利に活用するカギは、実は耐熱容器が握っているかも。

Kickstarterに登場した調理器具「Kichware」は、オーブン料理の幅を広げてくれそうな扱いやすい耐熱容器だ。

かんたんに料理できて、後片付けも簡単

「Kichware」は、マイナス20〜470度の温度に耐えられるシリコン製の耐熱容器。中に肉や魚、野菜など食材を入れ、そのままオーブンレンジで加熱できる。

ハンドルも耐熱性があるのでオーブンやグリル直後でも熱くならず、耐熱ミトンがなくても素手で持てるとのこと。熱々のオーブンから取り出しやすそうだ。やけどの心配が少なそうなのも嬉しい。

汚れが落ちやすいシリコン素材のおかげで、こびりついた焦げをゴシゴシ洗うストレスから解放される。さらに食洗機にも対応。とにかく後片付けがラクになる。

大小2種類のサイズがあり、さまざまな料理を一度に作れる。そのまま食卓に並べて、お皿代わりに使っても良さそう。

現在Kickstarterにてクラウドファンディング中。271香港ドル(約3,700円)から手に入る。プロジェクトが成功すれば、2021年3月にお届け予定。

・ ・ ・

気軽に作れるオーブン料理が、おうち時間をもっと充実させる?

Kichware

bouncyの他の動画はこちら→

⇓bouncyのSNSアカウントはこちら⇓
YouTube:
Twitter:
Instagram:
Facebook:
#オーブン料理 #料理 #Shorts

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。